So-net無料ブログ作成

iPhoneのテザリングを考える ~Bluetoothテザリングを考える~

DSC_7073_R

iPhoneとiPadの二台持ちなんて時に,出先でiPadを使う場合に便利なのがテザリング.モバイル・ルーターを使うという手段もありますが,バッテリーの管理とかさばるのが欠点です.特に,バッテリーの管理は厄介で,大概モバイル・ルーターは大食いですから,電源の確保が面倒です。その点,どうせ,スマホはいつも持ち出しますから,スマホをルーターかわりできるのは魅力です.いまどきは,スマホのほうがエリア広いですし,速度も出ます.何だメール来ないなーと思っていたらば,スマホがモバイル・ルーターに接続されていて,そのルーターが圏外だったといことはしばしばありましたから.

しかし,このテザリングにも短所はあります.

① テザリングのon,offが面倒.
② バッテリーの減りが心配.
③ データ量の制限がある.

①については,確かに厄介です.iPhoneの画面を設定画面にして,設定しなくてはならないので,iPadを使うときに,いちいちiPhoneを設定する必要があります.

② Wifiでテザリングをすると,iPhoneのバッテリーは2から3時間程度しか持ちません(状況によります).ですから,出先でしばらくテザリングしっぱなしというわけにはいきません.電話が使えなくなっちゃいますから.電源が取れるところか,モバイル・ブースターがないと長時間のテザリングはできないですね.

③ 一か月のデータ量7ギガバイトという制限があります.まあ,コレは,Wimax以外のルータも大概ありますけどね.まあ,ふつうに使う分には7ギガ行きません.大量に写真転送するとか,クラウドからビデオ見まくるなんてことがないと使いきらないでしょう.

で,③は仕方ありませんが,①,②を緩和する方法として,Bluetoothテザリングという方法があります.

①の接続の手間に関しては,さすがにセルラーモデルのように手間なしというわけにはいきませんが,かなり緩和されます.理由として,②で述べますが,親機のバッテリーが楽になるので,切断しなくてもよいこと,切断されても,子機側からのペアリング操作だけで済みます.これも設定画面出しての操作になりますから,ワンタッチというわけにはいきませんが,親機と並べてwifiテザリングの作業よりはかなりましですね.

②のバッテリーに関してですが,コレは楽になりますね.Wifiテザリングが,ホントに限られた時間しか使えないのに対して,Bluetoothだと半日以上ぐらいは行けちゃうんじゃないかなと言う感じです.データ量にもよるとは思いますが,朝から夕方ぐらいなら大丈夫だと思います.

ただ,デメリットもあるわけで,そのあたりを次回.




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0